• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安時代、宮中の桂芳坊 (けいほうぼう) にあって、雅楽をつかさどった所。天暦2年(948)設置、明治3年(1870)雅楽局に統合。雅楽寮の後身にあたる。がくそ。

    1. 「院の御賀の―の試みの日参りて」〈・柏木〉

  1. 雅楽を奏する所。奏楽所。がくそ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉