ヤシ科の常緑高木。九州以南の海岸に近い森林に自生。高さ3~10メートル。幹は直立し、頂に葉が集まってつく。葉は手のひら状に深く裂けていて、垂れ下がる。雌雄異株。春、葉の付け根から枝分かれした柄を出し、黄白色の小花を多数つける。実は熟すと青磁色。

[生物/植物名]カテゴリの言葉