大阪市東淀川区の地名。淀川神崎 (かんざき) 川の分流点。古くは京都と西国を結ぶ海路の河港で、遊女が多くいた。
謡曲。三番目物観阿弥作。世阿弥改作ともされる。撰集抄などに取材。江口の君の霊が現れ、歌ったり舞ったりするうち、普賢菩薩 (ふげんぼさつ) に変身し、西方へ去る。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫