1. (「蚜虫」とも書く)半翅 (はんし) 目アブラムシ科の昆虫の総称。体は5ミリ以下でやわらかい。翅 (はね) のあるものとないものとがある。草木に群れて汁を吸う。春・夏は雌のみの単為生殖で雌の幼虫を胎生する。秋になると雄を生み、有性生殖で卵を産む。排泄物 (はいせつぶつ) は甘く、他の昆虫が好み、種類によりアリと共生するのでアリマキともいう。

  1. ゴキブリの別名。 夏》「ねぶたさがからだとらへぬ―/汀女

  1. 人につきまとってただで遊興・飲食をするものをあざけっていう語。

    1. 「―といふは、虫にありてにくまれず、人にありてきらはる」〈鶉衣・百虫譜〉

  1. 遊里で、冷やかしの客。

    1. 「本名は素見 (すけん) あざ名は―」〈柳多留・三七〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[夏/動物]の季語

出典:青空文庫