淡路島に残る人形芝居。近世初頭に始まり、享保(1716~1736)ごろが最盛。義太夫節による三人遣い。人形の首 (かしら) は文楽より大きい。