• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ハイノキ科の常緑高木。山地に自生。葉は細長い楕円形。5月ごろ、白い花を総状につけ、花びらは五つに裂けている。実は熟すと黒紫色になり、狭卵形。葉から良質の灰汁 (あく) ができ、媒染染料の染色に使用。とちしば。そめしば。

[生物/植物名]カテゴリの言葉