• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

独弦哀歌の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ひとり弦をつまびきながら、悲しい調べで歌うこと。転じて、ひとり悲痛な調子で弁舌することのたとえ。▽「弦」は「絃」とも書く。
出典
『荘子そうじ』天地てんち
句例
独弦哀歌の論調
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。