モクレン科の落葉高木。高さ20メートル以上になる。葉は柄が長く、角張って半纏 (はんてん) に似た形をしている。5、6月ごろ、黄色で基部に橙色の斑のあるチューリップに似た6弁花を開く。北アメリカの原産で、日本には明治初年に渡来、公園や街路に植えられる。チューリップの木。半纏木 (はんてんぼく) 。

[生物/植物名]カテゴリの言葉