神霊が宿っているものとして神社などに祭り、礼拝の対象とする神聖な物体。古代では山岳・巨岩・大木などが神体または神の座として考えられたが、今日では鏡・剣・玉・鉾 (ほこ) ・御幣・影像などが用いられることが多い。みたましろ。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:gooニュース