• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

能の間狂言 (あいきょうげん) の形式の一。シテ中入り後、狂言方が舞台常座 (じょうざ) で立ったまま、独りで物語るもの。