• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

反古 (ほご) を漉 (す) き直した紙。墨の色が抜けていないため、薄墨色を呈する。平安末期、官営の製紙所紙屋院 (かみやいん) で漉き直し、物忌みのときの奏文などに用いたが、鎌倉中期からは宣旨 (せんじ) などを書くのに用いた。水雲紙 (すいうんし) 。宿紙 (しゅくし) 。紙屋紙 (かみやがみ) 。すきかえし。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉