1. 《「しょうご」とも》雅楽に用いる打楽器の一。青銅または黄銅製の皿形のもので、釣り枠につるして凹面を2本の桴 (ばち) で打つ。大 (おお) 鉦鼓・釣 (つり) 鉦鼓・荷 (にない) 鉦鼓の3種があり、普通には釣鉦鼓をさす。

  1. 仏家で、勤行 (ごんぎょう) のときなどにたたく円形青銅製のかね。

  1. 軍中で合図などに用いた、たたきがねと太鼓。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉

出典:青空文庫