1. 《「かん(貫)のき(木)」の音変化という》門の扉が開かないようにする横木。左右の扉の内側につけた金具に差し通して使う。

  1. 相撲の手の一。もろ差しになった相手の両腕を上から抱え込んで絞り上げるもの。

[補説]作品名別項。→

《原題、(フランス)Le Verrouフラゴナールの絵画。カンバスに油彩。縦74センチ、横94センチ。暗い部屋の中で男が女を抱き寄せ、扉の閂をかけようとする姿を描く。晩年の代表作の一。パリ、ルーブル美術館所蔵。