• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古浄瑠璃本地物 (ほんじもの) 。六段。六字南無右衛門作といわれ、慶長19年(1614)上演の記録がある。他人の難病を治すため、娘が自分の生き肝をささげようとすると、阿弥陀が身代わりになって、その胸から血を流す。