部首
(りゅう)
画数
10(部首内画数:0)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
リュウ [外]リョウリン
訓読み
たつ

意味

①りゅう。たつ。想像上の動物。「竜頭」「飛竜」 ②天子のたとえ。また、天子に関する事物につける語。「竜顔」 ③すぐれたもののたとえ。「竜馬」 ④化石で発掘される大形の爬虫(ハチュウ)類。「恐竜」

旧字

部首
(りゅう)
画数
16(部首内画数:0)
漢検の級
1級/準1級

竜の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]リュウ(呉) リョウ(漢) [訓]たつ

〈リュウ〉
  1. 想像上の動物。たつ。「竜王竜宮竜頭蛇尾天竜登竜門

  1. すぐれた人物。英雄。「竜象竜攘虎搏 (りゅうじょうこはく) 独眼竜

  1. 天子に関する物事に冠する語。「竜顔

  1. 恐竜のこと。「剣竜翼竜雷竜

〈リョウ〉
  1. 12に同じ。「竜頭鷁首 (りょうとうげきしゅ) 臥竜 (がりょう) 亢竜 (こうりょう) 潜竜屠竜 (とりょう) 白竜飛竜画竜点睛 (がりょうてんせい) 

  1. 3に同じ。「竜駕 (りょうが) 

[補説]「リュウ」と「リョウ」の音は特定の語を除いて多く互用する。
〈たつ〉「竜巻

[名のり]かみ・きみ・しげみ・とおる・めぐむ

[難読]石竜子 (とかげ) 土竜 (もぐら) 竜胆 (りんどう)