• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シュミットボンの解説 - 小学館 大辞泉

[1876~1952]ドイツの劇作家・小説家。郷土のライン川下流域を舞台に、自然への親近感と素朴な人間愛を詩情豊かに描いた。戯曲「街の子」、小説「流れのほとりに生まれて」など。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉