• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

五姓田義松の解説 - 小学館 大辞泉

[1855~1915]洋画家。江戸の生まれ。初世五姓田芳柳の次男。横浜でワーグマンに学び、渡仏してボナに師事、パリのサロンに日本人として初入選する。帰国後、明治美術会の創立に参加。代表作に「操芝居」「清水の富士」など。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉