• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加藤千蔭の解説 - 小学館 大辞泉

[1735~1808]江戸中期の歌人・国学者。江戸の人。本姓は橘 (たちばな) 氏で、枝直 (えなお) の子。号、朮園 (うけらぞの) ・芳宜園 (はぎぞの) 。町奉行所吟味方を務めながら、賀茂真淵 (かものまぶち) に学び、村田春海 (むらたはるみ) とともに江戸派の総帥とよばれた。著「万葉集略解 (りゃくげ) 」、家集「うけらが花」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉