• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大島真寿美の解説 - 小学館 大辞泉

[1962~ ]小説家。愛知の生まれ。劇団を主宰の後、小説家に転身。平成4年(1992)「春の手品師」で文学界新人賞を受賞し作家デビュー。近松半二の生涯を描いた小説「渦 妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん)  魂結 (たまむす) び」で第161回直木賞を受賞した。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース