• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

庾信の解説 - 小学館 大辞泉

[513~581]中国、南北朝時代の文人。南陽郡新野(河南省)の人。字 (あざな) は子山 (しざん) 。南朝の梁 (りょう) に仕え、のちに西魏北周に仕えた。宮廷文学を代表する詩人で、その詩は徐陵の文とともに「徐庾 (じょゆ) 体」とよばれ、望郷の思いを込めた「哀江南賦」が有名。