木戸孝允の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1833〜1877]政治家。長州の人。初め桂小五郎と称し、のち木戸姓。維新の三傑の一人。吉田松陰に学び、討幕志士として活躍した。明治維新後、五箇条の御誓文起草版籍奉還廃藩置県などに尽力征韓論台湾征討反対した。きどこういん。逃げの小五郎のあだ名もある。

[日本史]の言葉

[明治時代以降の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。