• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

版籍奉還の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

各藩主が、領地と領民を朝廷に返還した政治改革。明治二年、木戸孝允きどたかよし、大久保利通おおくぼとしみちらの画策で、薩摩さつま長州・土佐・肥前佐賀の各藩主が奉還し、他の藩もこれにならった。▽「版籍」は版図と戸籍。転じて、領地とその人民のこと。「奉還」はお返しする意。「版」は「藩」とも書く。
用例
それ以来、明治二年に、版籍奉還して、官有に帰するまでは、代々酒井氏の世襲するところであった。<舟橋聖一・白鷺記>
活用形
〈―スル〉

版籍奉還の解説 - 小学館 大辞泉

明治2年(1869)全国の各藩主がその土地(版)と人民(籍)とを朝廷に返還したこと。明治政府による中央集権強化のための改革で、廃藩置県の前提となった。

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。