• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牛溲馬勃の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

つまらないものや、役に立たない無用なもののたとえ。「牛溲」は牛の小便。「馬勃」は馬のくそ。一説に「牛溲」は下等な薬草のおおばこ。利尿作用があるという。「馬勃」は腐った木などに生えるきのこの類のほこりだけ。できものに効くといわれる。いずれも些細ささいなものであるからいう。「溲」は「そう」とも読む。また、「勃」は「渤」とも書く。
出典
韓愈かんゆ「進学解しんがくかい
用例
牛溲馬勃亦また必ずしも『きたなき』の一語を以もって排し去るを得んや。<正岡子規・俳句問答>
類語
牛糞馬涎ぎゅうふんばせん

牛溲馬勃の解説 - 学研 四字熟語辞典

くだらないもの、役に立たないもののたとえ。
注記
「牛溲」は、牛の小便。「馬勃」は、馬の糞ふん。また一説には、「牛溲」はオオバコ(多年草で、利尿効果があるため安価な薬草として使われる)、「馬勃」はホコリダケ(キノコの一種で、こちらも安価な薬草で、できものに効くとされる)という。いずれにしても、ささいで役に立たないものの意から。
出典
韓愈かんゆ「進学解しんがくかい

牛溲馬勃の解説 - 小学館 大辞泉

韓愈「進学解」から》牛の尿と馬の糞 (ふん) 。価値のないもの、役に立たないもののたとえ。

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。