• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牛飲馬食の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大いに飲み食いをすること。また、人並み以上にむやみに飲み食いすること。牛が水を飲むように、また、馬がまぐさを食べるようにたくさん飲食する意から。
句例
牛飲馬食する学生
用例
船が、凄すさまじくロオリングするなか、ぼくは盛んに、牛飲馬食、二番の虎さんや、<田中英光・オリンポスの果実>
類語
鯨飲馬食げいいんばしょく 痛飲大食つういんたいしょく 暴飲暴食ぼういんぼうしょく
活用形
〈―スル〉

牛飲馬食の解説 - 学研 四字熟語辞典

一度に多量の酒を飲んだり、食べたりすること。
注記
牛が水を飲んだり、馬がまぐさを食べたりするように、大量に飲食する意から。
用例
船が凄すさまじくロオリングするなか、ぼくは盛んに、牛飲馬食、二番の虎さんや、水泳の安さんなんかと一緒に、殆ほとんど、最後まで残って、たしか飯を五杯以上は食いました。〈田中英光・オリンポスの果実〉
類語
鯨飲馬食げいいんばしょく 暴飲暴食ぼういんぼうしょく

牛飲馬食の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)牛が水を飲み、馬がまぐさを食うように、多量に飲み食いすること。鯨飲馬食。

キーワード[食事]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。