一汁一菜の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に粗末な食事のたとえ。汁物もおかずも一品の食事の意から。▽「菜」はおかずの意。
用例
あるいは将軍の日常生活が一汁一菜式の質素を極めたものであったという世評は当っておらず、<石坂洋次郎・若い人>
類語
節衣縮食せついしゅくしょく 粗衣粗食そいそしょく
対義語
三汁七菜さんじゅうしちさい 食前方丈しょくぜんほうじょう 炊金饌玉すいきんせんぎょく

一汁一菜の解説 - 学研 四字辞典熟語

一品の汁物と一品のおかず。非常に粗末で質素な食事のこと。
注記
「汁」は、汁物。「菜」は、おかず。
用例
脱走、足袋たびはだしのまま、雨中、追われつつ、一汁一菜、半畳の居室与えられ、犬馬の労、誓言して、巷ちまたの塵の底に沈むか、〈太宰治・HUMAN LOST〉
類語
粗衣粗食そいそしょく 簞食瓢飲たんしひょういん
対義語
食前方丈しょくぜんほうじょう

一汁一菜の解説 - 小学館 大辞泉

汁一品、おかず一品だけの食事。粗末で質素な食事。

キーワード[食事]の四字熟語

キーワード[貧しい]の四字熟語

出典:青空文庫