• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

簞食瓢飲の解説 - 学研 四字熟語辞典

わずかな食糧しかない貧しい生活の中で学問に励むこと。また粗末な食事のたとえ。
注記
「簞」は、竹で編んだ飯びつ。わりご。「瓢」は、ヒョウタンの容器。ひさご。わりご一杯の飯とひさご一杯の汁の意から。孔子こうしが弟子の顔回がんかいの清貧に甘んじて苦学する姿をほめたことば。
出典
『論語ろんご』雍也ようや
類語
一汁一菜いちじゅういっさい

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[食事]の四字熟語

キーワード[貧しい]の四字熟語