• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

籠鳥檻猿の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自由を束縛されて、思い通りに生きられないもののたとえ。かごの中に閉じ込められた鳥と、おりに閉じ込められた猿の意から。▽不自由な生き方を強いられるこの二者は、白居易はくきょいとその友人の元禛げんしんを比喩ひゆして言ったもの。「檻猿籠鳥かんえんろうちょう」ともいう。
出典
白居易はくきょい「山中さんちゅうにて元九げんきゅうに書しょを与あたえ因りて書後しょごに題だいす」(詩)。「籠鳥檻猿倶ともに未いまだ死せず、人間じんかんあい見るは是れ何いずれの年ぞ」(かごの鳥もおりの猿もまだ死んではいない。この世の中、会えるのはいつのことか)
句例
籠鳥檻猿の心境だ