• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一毛不抜の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常に物惜しみすること。非常にけちな人、利己的な人のたとえ。自分の毛一本も抜こうとしない意から。▽「一毛」は一本の毛。ごくわずかなもののたとえ。「一毛いちもうも抜かず」と訓読する。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん上。「楊子ようしは我が為ためにするに取る。一毛を抜きて天下を利するも為さざるなり」(楊子はひたすら自分のためにすることをその主義とし、たとえ一本の毛を抜くことによって天下に役立つようなことがあったとしてもそれをしようとしない)
類語
一毫不抜いちごうふばつ

一毛不抜の解説 - 学研 四字辞典熟語

毛髪一本抜かない意から、極端に物惜しみすること。また、利己的な人、けちな人。
注記
「一毛いちもうも抜かず」と読み下す。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん・上

[非難する/悪口/悪口の内容]カテゴリの四字熟語

キーワード[けち]の四字熟語

キーワード[自分勝手]の四字熟語