• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

傲岸不遜の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

おごりたかぶって人を見下すさま。思いあがって謙虚さのないさま。▽「傲岸」はお高くとまって威張ること。「傲」はおごる意。「岸」は切り立った崖がけの意で、際立って高い、角立つさま。「不遜」は高ぶってへりくだらないこと。
句例
傲岸不遜な態度
用例
したがって、伊達政宗だてまさむねの傲岸不遜な行動など手に取るように知っていた。<山岡荘八・伊達政宗>
類語
傲岸不屈ごうがんふくつ 傲岸無礼ごうがんぶれい 傲慢不遜ごうまんふそん 傲慢無礼ごうまんぶれい
活用形
〈―ナ〉

傲岸不遜の解説 - 学研 四字辞典熟語

おごり高ぶっていばるさま。思い上がって人に従わないさま。
注記
「傲岸」は、おごり高ぶって人にへりくだらないさま。「不遜」は、思い上がって人を見下すさま。
用例
どんな小説を読ませても、はじめの二三行をはしり読みしたばかりで、もうその小説の楽屋裏を見抜いてしまったかのように、鼻で笑って巻を閉じる傲岸不遜ごうがんふそんの男がいた。〈太宰治・猿面冠者〉

傲岸不遜の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]いばり返って、人を見下し、へりくだる気持ちがないこと。また、そのさま。傲岸無礼。傲慢無礼。

[非難する/傲慢・傍若無人/驕り高ぶる]カテゴリの四字熟語

キーワード[いばる]の四字熟語