• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

放辟邪侈の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

勝手気ままで、わがまま放題に悪い行為をすること。▽「放」はほしいまま、わがままの意。「辟」は偏る意。「邪」はよこしまの意。「侈」はおごり高ぶる意。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう
句例
放辟邪侈の一人息子むすこ
類語
勝手気儘かってきまま 傍若無人ぼうじゃくぶじん 我儘放題わがままほうだい

[非難する/傲慢・傍若無人/勝手気まま]カテゴリの四字熟語