• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狐仮虎威の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

権力や権威のある者の威力を借りて、自分勝手に振る舞うたとえ。また、有力者の威力をかさに着て、勝手に振る舞う者のたとえ。▽「狐きつね、虎とらの威を仮る」と訓読する。「虎とらの威を仮る狐きつね」が慣用句。
出典
『戦国策せんごくさく』楚策そさく
故事
狐が虎につかまり食べられそうになった。狐は「私を食べてはいけません。天帝は私を百獣の長としたのです。それを疑うなら私の後について歩いてみなさい」といわれ、虎が狐の後を歩いて行くと、獣たちは狐の後ろの虎に驚いて逃げてしまい、虎は狐の話を信じてしまったという故事から。

狐仮虎威の解説 - 学研 四字辞典熟語

力の弱い者が、権力や権威のある者を後ろ楯にしていばることのたとえ。
注記
「狐きつね、虎とらの威を仮る」と読み下す。あるとき、狐が虎につかまって食われそうになった。狐は「私は天帝から百獣の王になるように命じられた者だから、私を食べれば天帝の命にそむくことになる。うそだと思うなら私の後についてきなさい」と言って、虎を従えて歩いたところ、他の動物はみな狐の後ろの虎を恐れて逃げ出した。虎はそうとは知らずに狐の話を信じてしまったという中国の古い寓話ぐうわから。
出典
『戦国策せんごくさく』楚

[非難する/傲慢・傍若無人/驕り高ぶる]カテゴリの四字熟語

キーワード[いばる]の四字熟語