• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

瓦釜雷鳴の解説 - 学研 四字熟語辞典

賢者が相応の評価をされず、能力のない者が重要な地位について、いばることのたとえ。また、讒言ざんげんが用いられるたとえ。
注記
「瓦釜」は、素焼きの土製の釜かまで、小人物のたとえ。「雷鳴」は、雷のように大きな音を立てること。安物の素焼きの釜が、雷のような大きな音を立てること。
出典
『楚辞そじ』卜居ぼくきょ
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。