• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無為無能の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意義のあることをやりもしないし、できもしないこと。何もできないこと。行うこともやり遂げる力もないということ。へりくだるときにも用いられる。▽「為」は行うこと、行為。「能」は物事をやり遂げる力。
句例
無為無能の身ながら
用例
むしろ我々は、かかる人達の活動によって辛うじて信望を保っている現文壇の無為無能を責めたいのである。<大宅壮一・文学史的空白時代>
類語
無為無知むいむち 無学無能むがくむのう 無芸無能むげいむのう

無為無能の解説 - 学研 四字熟語辞典

何もしないし、何もできないということ。
注記
自分の能力や才能を謙遜していうことば。「無為」は、何もしないこと。「無能」は、はたらきや才能がないこと。
用例
私は今日こんにち限り、当区に居住する事を止めるつもりでございます。無為無能なる閣下の警察の下もとに、この上どうして安んじている事が出来ましょう。〈芥川龍之介・二つの手紙〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。