• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人面獣心の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

冷酷で、恩義や人情をわきまえず、恥などを知らない人のこと。顔は人間であるが、心は獣類に等しい人の意から。▽「人面」は人間の顔。また、それに似た形の意。「獣心」は道理をわきまえない、残忍なけだもののような心。「人」は「にん」とも読む。
出典
『史記しき』匈奴伝きょうどでん
句例
人面獣心の残忍な奴やつ
用例
中にはあの男を罵ののしって、画のためには親子の情愛も忘れてしまう、人面獣心の曲者くせものだなどと申すものもございました。<芥川竜之介・地獄変>
類語
虎吻鴟目こふんしもく 人頭畜鳴じんとうちくめい

人面獣心の解説 - 学研 四字辞典熟語

人情や慈悲の心がない人。人間の顔をしていながら、心は獣のように残忍なことの意味。人でなし。
注記
もともとは、中国人が異民族を蔑さげすんだことばから。「人面」は、「にんめん」とも言う。
出典
『史記しき』匈奴きょうど
用例
中にはあの男を罵のゝしつて、画の為には親子の情愛も忘れてしまふ、人面獣心の曲者くせものだなどと申すものもございました。〈芥川龍之介・地獄変〉
対義語
鬼面仏心きめんぶっしん

人面獣心の解説 - 小学館 大辞泉

《「史記」匈奴伝から》顔は人間であるが、心はけだものに等しいこと。恩義や人情を知らない者、冷酷非情な者のたとえ。ひとでなし。にんめんじゅうしん。

⇒じんめんじゅうしん(人面獣心)

[非難する/悪口/悪口の内容]カテゴリの四字熟語

キーワード[悪]の四字熟語

キーワード[外見]の四字熟語

キーワード[残酷]の四字熟語