• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仁者無敵の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仁徳の備わった人は、すべての人を慈しむので敵というものがいないということ。仁徳者は慈愛をもって政治を行い、人民を分け隔てなく愛するから敵対する者がいない意。▽「仁者じんしゃは敵てきし」と訓読する。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう
句例
仁者無敵の政治、仁者無敵の平和な世

仁者無敵の解説 - 学研 四字辞典熟語

徳の高い人物は、愛され尊敬されているので、敵対者などいないという意味。
注記
「仁者」は、慈愛にあふれた有徳者や日頃の行いが立派な人物のこと。「仁者じんしゃに敵てきし」と読み下す。「情なさけに刃向はむかう刃やいばなし」と同意。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう・下

[人物像を表す/知徳に優れた人]カテゴリの四字熟語

キーワード[人物]の四字熟語