• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無為無策の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

なんの対策も方法もたてられず、ただ腕をこまねいていること。計画が何もないこと。▽「無為」は何もせず、人の手を用いないこと。「無策」は起こった事態に対して、効果的な対策や方法がとれないこと。
句例
無為無策のまま放置する
用例
悦子の底知れないロマネスクな固定観念に対抗するに、三郎の硝子(ガラス)のような単純な魂以上に、無為無策な敵手は考えられない。<三島由紀夫・愛の渇き>
類語
拱手傍観きょうしゅぼうかん

無為無策の解説 - 学研 四字辞典熟語

何の対策もほどこせないため、放置していること。
注記
「無為」は、何もしないこと。「無策」は、対策や策略がないこと。

[非難する/悪口/悪口の内容]カテゴリの四字熟語

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語