• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

拱手傍観の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

手をこまねいて何もせず、ただそばで見ていること。特に重大な事態に直面して、当然なすべきことがあるのに、何もしないことを批判を込めて用いることが多い。▽「拱手」はもと中国の古式の敬礼の一つ。両手を胸の前に重ねる動作。転じて、手をこまねいて何もしないこと。「傍観」はただそばで見ていること。「拱」は「こう」とも読む。「傍」は「旁」とも書く。
句例
拱手傍観しているだけ
用例
治左衛門が、その場に居合せながら、拱手傍観していたことを、義母は、激しく憎み恨んだ。<柴田錬三郎・曲者時代>
類語
隔岸観火かくがんかんか 袖手傍観しゅうしゅぼうかん 冷眼傍観れいがんぼうかん
活用形
〈―スル〉

拱手傍観の解説 - 学研 四字辞典熟語

手をこまねいて何もしないで、ただそばで見ていること。特に重大な事態に直面して、当然なすべきことがあるのに、何もしないことを批判を込めて用いることが多い。
注記
「拱手」は、もと中国の敬礼の一つで、両手を胸の前に重ね合わせて敬意を表す動作。転じて、手を組んで何もしないこと。「傍観」は、ただそばで見ていること。「拱手」は、「こうしゅ」とも読む。「傍」は、「旁」とも書く。
表記
「拱手」を「供手」と書きちがえない。
類語
袖手傍観しゅうしゅぼうかん 冷眼傍観れいがんぼうかん

拱手傍観の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)手を出さないで、ただ、ながめていること。

キーワード[見る]の四字熟語

キーワード[無視]の四字熟語

キーワード[役に立たない]の四字熟語