袖手傍観の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

手をこまねいて、ただ何もせずにそばで見ていること。特に重大な事態などに当然なすべき事があるのに、何もしないでいることを批判を込めて用いることが多い。▽「袖手」は袖そでの中に手を入れる。転じて、手をこまねいて何もしない意。「傍観」はかたわらでただ見ていること。「傍」は「旁」とも書く。
出典
韓愈かんゆ「柳子厚りゅうしこうを祭まつるの文ぶん
句例
袖手傍観してかかわらない
用例
過日、長州赤間が関にて夷艦攘討いかんじょうとうなせるとき、袖手傍観の藩あるのよし。<染崎延房・近世紀聞>
類語
拱手傍観きょうしゅぼうかん 傍観縮手ぼうかんしゅくしゅ
活用形
〈―スル〉

袖手傍観の解説 - 学研 四字辞典熟語

何もせずに、そばに立って、ただ見ていること。助けも支援もせずに、手をこまねいていること。
注記
何かすべきことをしていないという批判をこめて使う。「袖手」は、手を袖そでの中に入れていること。「傍観」は、かたわらで見ていること。
表記
「傍観」は、「旁観」とも書く。
出典
韓愈かんゆ「柳子厚りゅうしこうを祭るの文」
類語
拱手傍観きょうしゅぼうかん 冷眼傍観れいがんぼうかん

袖手傍観の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)ある事態を目にしながら、成り行きに任せて眺めていること。拱手 (きょうしゅ) 傍観。

キーワード[見る]の四字熟語

キーワード[役に立たない]の四字熟語

出典:青空文庫