• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

厚顔無恥の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

厚かましく、恥知らずなさま。他人の迷惑などかまわずに、自分の都合や思惑だけで行動すること。▽「厚顔」は厚かましいこと。ずうずうしいさま。面の皮が厚いこと。「無恥厚顔むちこうがん」ともいう。
出典
『文選もんぜん』孔稚珪こうちけい「北山移文ほくざんいぶん
句例
厚顔無恥な面々
用例
いかに私が厚顔無恥でも、今更ここのママに泣きつくわけにはいかなかった。<檀一雄・火宅の人>
類語
寡廉鮮恥かれんせんち
活用形
〈―ナ〉

厚顔無恥の解説 - 学研 四字辞典熟語

厚かましくて、恥知らずなこと。他人の迷惑など考えずに自分勝手に行動すること。
注記
「厚顔」は、厚かましいこと。「無恥厚顔むちこうがん」ともいう。
表記
「厚顔」を「紅顔」、「無恥」を「無知」と書きちがえない。
出典
『文選もんぜん』孔稚珪こうちけい「北山移文ほくざんいぶん
類語
寡廉鮮恥かれんせんち