• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寡廉鮮恥の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心が清らかでなく恥知らずなさま。節操がなく恥を知らないさま。▽「寡」「鮮」はともに少ない意。「廉」は心が清く欲がないこと。節操が固いこと。
出典
『史記しき』司馬相如伝しばしょうじょでん
類語
厚顔無恥こうがんむち
活用形
〈―ナ〉

寡廉鮮恥の解説 - 学研 四字辞典熟語

よこしまな心をもち、恥知らずなさま。節操がないさま。
注記
「寡」も「鮮」も、少ないさま。「廉」は、心が清く正しい。「寡廉」は、道理に合わない・節操がない。
出典
『史記しき』司馬相如しばしょうじょ
類語
厚顔無恥こうがんむち

キーワード[ずうずうしい]の四字熟語

キーワード[節操]の四字熟語

キーワード[恥]の四字熟語