即身成仏の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世の肉体のままで仏になること。▽「即身」は生身のままの意。真言密教の教義。衆生しゅじょうが、身・語・意の三密を修行することによって如来にょらいの三密と一体となり、成仏すること。
句例
即身成仏の苦行
用例
その行をつづけるうちに行者自身が不動明王として即身成仏するというのである。<瀬戸内晴美・比較>
類語
即身是仏そくしんぜぶつ 即身菩薩そくしんぼさつ
活用形
〈―スル〉

即身成仏の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教のことばで、人間がこの世で生まれた肉体のまま、仏になること。凡人が悟りを開けば、現世でも仏陀ぶっだになれるということ。
注記
真言密教の教義。「即身」は、今の肉体のこと。

即身成仏の解説 - 小学館 大辞泉

真言密教の教義で、人間が現世の肉体のままで仏になること。生きたままで仏になること。

キーワード[悟り]の四字熟語

出典:青空文庫