即身成仏の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世の肉体のままで仏になること。▽「即身」は生身のままの意。真言密教の教義。衆生しゅじょうが、身・語・意の三密を修行することによって如来にょらいの三密と一体となり、成仏すること。
句例
即身成仏の苦行
用例
その行をつづけるうちに行者自身が不動明王として即身成仏するというのである。<瀬戸内晴美・比較>
活用形
〈―スル〉

即身成仏の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、人間がこの世で生まれた肉体のまま、仏になること。凡人が悟りを開けば、現世でも仏陀ぶっだになれるということ。
注記
真言密教の教義。「即身」は、今の肉体のこと。

即身成仏の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

真言密教教義で、人間が現世の肉体のままで仏になること。生きたままで仏になること。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月