• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一殺多生の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一人の悪人を犠牲にして、多数の者を救い生かすこと。多くの人を生かすには、一人を殺すのもやむを得ないということ。▽仏教語。「多生」はたくさんの人を生かすこと。「殺」は「さつ」とも読む。
出典
『瑜伽師地論ゆがしじろん』四一
句例
一殺多生の理ことわり

一殺多生の解説 - 学研 四字辞典熟語

⇒ いっせつたしょう(一殺多生)
仏教のことばで、一人を殺して多くの人を生かすこと。多数の者の命を救うためには、悪人を一人殺すのもやむを得ないということ。転じて、大きな利益を得るために、小さな犠牲を払うこと。
注記
「一殺」は、「いっさつ」とも読む。「多生」は、仏教のことばで、大勢の人の命を生かすこと。また、何度も生まれ変わること。本来、仏教において殺生せっしょうは罪悪であるが、出典では菩薩ぼさつが大盗賊を殺す事例をあげて功徳くどくと説く。
出典
『瑜伽師地論ゆがしじろん』四一

一殺多生の解説 - 小学館 大辞泉

⇒いっせつたしょう(一殺多生)

多くの人を生かすために、害をなす一人を殺すこと。いっさつたしょう。

キーワード[犠牲]の四字熟語

キーワード[利益・利害]の四字熟語