• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滅私奉公の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

私利私欲を捨てて、主人や公のために忠誠を尽くすこと。▽「滅私」は私利私欲を捨てること。「奉公」は国や社会などの公、または、主人主君上位の者などに自分の身をささげて尽くすこと。
出典
『戦国策せんごくさく』秦策しんさく
句例
全身全霊をもって滅私奉公する
用例
それは彼の誠意と滅私奉公の気概によるもので、彼自身それを当然と思っていた。<陳舜臣・阿片戦争>
類語
奉公克己ほうこうこっき 奉公守法ほうこうしゅほう
活用形
〈―スル〉

滅私奉公の解説 - 学研 四字熟語辞典

私心や私欲を捨てて、国や社会など公おおやけのために尽くすこと。
注記
「滅」は、なくす・滅ぼす。「滅私」は、私心や私欲を捨てること。「奉」は、つかえる・つとめる。「奉公」は、朝廷・国家・主君のために尽くすこと。
出典
元稹「崔稜授尚書戸部侍郎制」

[犠牲]の四字熟語

[尽力]の四字熟語

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。