• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三顧之礼の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

真心から礼儀を尽くして、すぐれた人材を招くこと。また、目上の人が、ある人物を信任して手厚く迎えること。▽「顧」は訪ねる、訪れること。
出典
諸葛亮しょかつりょう「前出師表ぜんすいしのひょう
句例
三顧の礼をもって迎える
類語
三徴七辟さんちょうしちへき 草廬三顧そうろさんこ
故事
中国三国時代、蜀しょくの劉備りゅうびが、わびずまいの諸葛亮しょかつりょう(孔明こうめい)を訪ねたが、なかなか会えず、三度目にやっと面会できた。二人は胸中を語り合って感激し、劉備は孔明を軍師として迎えることができた故事から。

三顧之礼の解説 - 学研 四字辞典熟語

礼を尽くして、才能ある人材を招くこと。また、目上の人が、目下である相手を手厚く迎えたり、優遇すること。
注記
「顧」は、訪ねること。
故事
中国三国時代に、蜀しょくの劉備りゅうびが、諸葛亮しょかつりょうの住む庵いおりを三度も訪ねて礼を尽くし、軍師として迎え入れた。
出典
諸葛亮しょかつりょう「前出師表ぜんすいしのひょう

[社会との関わりを表す/真心・誠意・忠誠]カテゴリの四字熟語

キーワード[待遇]の四字熟語

キーワード[頼む]の四字熟語

キーワード[礼儀]の四字熟語