平身低頭の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ひたすら恐縮すること。また、ひたすらあやまる形容。からだをかがめ頭を低く下げて、恐れ入る意から。▽「平身」はからだをかがめること。「低頭」は頭を低く下げること。「低頭平身ていとうへいしん」ともいう。
句例
平身低頭してわびる
用例
幕の外の三味線の音と共に、演じ終ると手拭てぬぐいで汗を押えながら、一同の前に平身低頭した。<前田河広一郎・三等船客>
類語
三跪九叩さんききゅうこう 三拝九拝さんぱいきゅうはい 奴顔婢膝どがんひしつ
活用形
〈―スル〉

平身低頭の解説 - 学研 四字辞典熟語

恐縮してただひたすらあやまること。物事を頼んだりするときに身を低くして頭を下げること。
注記
「平身」は、身をかがめて低く構えること。「低頭」は、頭を低く下げること。「低頭平身ていとうへいしん」ともいう。
類語
三跪九叩さんききゅうこう 三拝九拝さんぱいきゅうはい 閉口頓首へいこうとんしゅ

平身低頭の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)ひれ伏して頭を下げ、恐れ入ること。また、ひたすらわびること。「平身低頭して謝る」

キーワード[頼む]の四字熟語

キーワード[動作]の四字熟語

キーワード[礼儀]の四字熟語

出典:青空文庫