判官贔屓の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

弱者や薄幸の者に同情し、味方したり応援したりすること。また、その気持ち。▽「判官」は官職の名で、ここでは検非違使けびいしの尉じょう(判官)の職にあった源義経みなもとのよしつねのこと。「贔屓」は目をかけること。源義経が兄の頼朝よりともにねたまれて滅んだことに、人々が同情を寄せたことからいう。「判」は「はん」とも読む。
句例
判官贔屓の観衆
用例
とりわけ江戸は、もと将軍家のお膝元、判官贔屓もよろしいところだ。<安部公房・榎本武揚>

判官贔屓の解説 - 学研 四字辞典熟語

⇒ ほうがんびいき(判官贔屓)
不遇の英雄、弱者や敗者、また実力や才能はあるのにしかるべく待遇のえられない者たちに同情心や贔屓心をもつこと。また、そのような気持ち。弱い立場の者に対して同情して味方をし、援助すること。
注記
「判官」は、「はんがん」とも読む。律令制の役職の一つで、検非違使けびいしの三等官。兄の頼朝よりともに無情にも滅ぼされた悲劇の英雄源義経みなもとのよしつねが、判官職であったことから、源義経のことをいう。義経が常に悲劇の英雄として庶民に愛されてきたことから生まれたことば。

判官贔屓の解説 - 小学館 大辞泉

悲劇的英雄、判官源義経に同情する気持ち。転じて、弱者・敗者に同情し声援する感情をいう。