大慈大悲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

広大無辺な仏の慈悲のこと。大慈悲。▽「大慈」は仏が衆生しゅじょうを救う大きな慈しみ、「大悲」はその慈悲の心の意。
出典
『法華義疏ほっけぎしょ』譬喩品ひゆぼん
句例
大慈大悲に頼る
用例
少しのものもあいあいにほどこして、人をたすくるこころこそ、大慈大悲のきょうようにて候え。<倉田百三・出家とその弟子>

大慈大悲の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教のことばで、仏の限りなく大きな慈しみのこと。
注記
「大慈」は、仏がこの世に生きるものすべてに楽を与えること。「大悲」は、この世に生きるものすべての苦しみを救うこと。
出典
『法華義疏ほっけぎしょ』譬喩ひゆ
用例
ああ、大慈大悲の観世音菩薩ぼさつ、どうか其処そこを御示し下さい、侍従が河原の女乞食こじきと、実は少しも変らない証拠を。〈芥川龍之介・好色〉

大慈大悲の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。一切衆生の苦を取り除き、楽を与える広大無辺な慈悲。特に、観世音菩薩 (ぼさつ) の広大な慈悲。また、観世音菩薩。

キーワード[思いやり]の四字熟語

キーワード[同情]の四字熟語

出典:青空文庫