• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

先憂後楽の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

常に民に先立って国のことを心配し、民が楽しんだ後に自分が楽しむこと。北宋の忠臣范仲淹はんちゅうえんが為政者の心得を述べた言葉。転じて、先に苦労・苦難を体験した者は、後に安楽になれるということ。▽「憂」は心配すること。
出典
范仲淹はんちゅうえん「岳陽楼記がくようろうのき
句例
先憂後楽を心掛ける
用例
大体において先憂後楽の方針で行かないと、部員は仕事はいっしょにやってくれるものではない。<扇谷正造・鉛筆ぐらし>
類語
先難後獲せんなんこうかく

先憂後楽の解説 - 学研 四字辞典熟語

すぐれた為政者というものは、人々が心配し始める前に憂い、人々が楽しんだ後で自分も楽しむべきだということ。また、先に苦労すれば、後で楽ができるという意味でも使う。
注記
君主や政治家の心がまえを説いたことば。「天下の憂いに先んじて憂え、天下の楽しみに後れて楽しむ」の略。
出典
范仲淹はんちゅうえん「岳陽楼記がくようろうのき
類語
先難後獲せんなんこうかく

先憂後楽の解説 - 小学館 大辞泉

《范仲淹「岳陽楼記」の「天下の憂えに先んじて憂え、天下の楽しみに後 (おく) れて楽しむ」から》国家の安危については人より先に心配し、楽しむのは人より遅れて楽しむこと。志士や仁者など、りっぱな人の国家に対する心がけを述べた語。

[社会との関わりを表す/人の上に立つ心得]カテゴリの四字熟語

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語