• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滄海一粟の解説 - 学研 四字熟語辞典

広大な宇宙に比べて、人間の存在は小さく、その一生などはかないものであるということ。また、比較にならないほどきわめて小さいこと。海原に浮かんだ一粒の粟あわの意から。
注記
「滄海」は、青い大海原のこと。「一粟」は、一粒の穀物、粟あわのこと。
出典
蘇軾そしょく「前赤壁賦ぜんせきへきのふ
類語
九牛一毛きゅうぎゅうのいちもう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。