• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

満目蕭条の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

見渡す限り、物さびしいさま。▽「満目」は見渡す限り、あたり一面の意。「蕭条」は物さびしいさま。
出典
李白りはく「秋浦歌しゅうほのうた
句例
満目蕭条として
類語
満目荒涼まんもくこうりょう 満目荒寥まんもくこうりょう 満目蕭然まんもくしょうぜん
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

満目蕭条の解説 - 学研 四字辞典熟語

見渡すかぎり、静かでもの寂しいさま。
注記
「満目」は、目のとどくかぎり。「蕭条」は、静かでもの寂しいさま。
出典
李白りはく「秋浦歌しゅうほのうた
用例
満目蕭条しょうじょうたる平野に雑草の花が揺れて、雲の往来ゆききが早い。〈谷譲次・踊る地平線〉

満目蕭条の解説 - 小学館 大辞泉

見渡すかぎりもの寂しいようす。

[揺れる気持ちを表す/孤独・さびしさ]カテゴリの四字熟語

キーワード[静寂]の四字熟語

キーワード[ものさびしい]の四字熟語